はじめに(About us)

研究室概要

 ナノ・マイクロマテリアル分析(NMA)研究室は、グリーンイノベーションやライフイノベーションにかかわる物質や新材料の組成と形態をマイクロ・ナノスケールで迅速・高精度で分析・解析・診断する装置の共同利用施設です。特に、ナノ・マイクロ分析分野で世界初の3次元可視化(3D化)汎用システムに特徴があります。また、新成長戦略の中で新エネルギー・環境材料、ナノテクノロジー、生体関係のプロジェクト研究を推進するための有力な手段を提供するとともに、経験豊かな研究・保守のサポートシステムを具備します。加えて、インターネット遠隔操作により、本学のみならず地域産業技術の高度化や他大学等の教育にも活用できます。当研究室では、学内に限らず、学外にも広く利用者を募っています。

更新情報

【研究実績】当施設利用者の論文が、Journal of Alloys and Compounds誌に掲載されました。

当施設をご利用いただきました、北海道大学 工学研究院 材料科学部門 エコプロセス工学研究室 菊地 竜也准教授の論文がJournal of Alloys and Compounds誌に掲載されました。
DOI: 10.1016/j.jallcom.2017.07.183

9/19(火)第5回 北海道大学 微小部・表面分析ユーザーズミーティングの開催について

第5回 北海道大学 微小部・表面分析ユーザーズミーティングを開催いたします。
今年度の施設説明会も兼ねておりますので、装置使用経験がない方も是非ご参加ください。
事前登録不要、参加費無料です。

日付:9月19日(火)
会場:北海道大学 工学研究院 フロンティア応用科学棟 2F セミナー室
10:00 ~ 11:45 :施設説明会
13:00 ~ 16:20 :ユーザーズミーティング
ユーザーズミーティングプログラム

主催(合同):共同利用施設 ナノ・マイクロマテリアル分析研究室、光電子分光分析研究室

共催:北海道大学微細構造解析プラットフォーム(文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業)、マテリアル分析・構造解析共用ユニット(文部科学省「先端研究基盤共用促進」事業)

協賛:日本金属学会北海道支部、日本鉄鋼協会北海道支部、日本分析化学会北海道支部、日本顕微鏡学会北海道支部、日本電子(株)

FIB-SEM修理・保守点検作業の延長について

現在、FIB-SEMの修理・保守点検作業を行っていますが作業が延長になります。期間未定です。
修理完了の目処が立つまで予約受付を中止します。
装置の利用についてご質問、お問い合わせは施設職員までご連絡ください。

9/3(日)全学停電時の対応について [追記]

9/3(日)の全学停電に備え、下記の期間、すべての装置と予約システムサーバーの電源を落とします。
期間:平成29年 9月1日(金)17:00~9月4日(月)9:00
*装置は9/4(月)の立ち上げ、保守作業終了後に利用可能となりますのでご注意下さい。

[追記]このホームページは、下記の期間アクセスできません。
平成29年 9月1日(金)16:00~9月4日(月)14:00 (予定)

【研究実績】当施設利用者の論文が、Applied Surface Science誌に掲載されました。

当施設をご利用いただきました、北海道大学 工学研究院 材料科学部門 エコプロセス工学研究室 菊地 竜也准教授の論文がApplied Surface Science誌に掲載されました。
DOI: 10.1016/j.apsusc.2017.05.256

H29年度定期保守点検のお知らせ [追記]

H29年度定期保守点検を行います。下記の間、装置はご利用できません。
[FE-EPMA] 9/11(月) ~ 9/15(金)
[FIB-SEM] 8/23(水)~ 9/1(金) ※修理を含むため延長の可能性あり!
[FE-SEM] 9/26(火) ~ 9/28(木)
[TEM(MC016)] 9/15(金) ~ 9/21(木)