はじめに(About us)

研究室概要

 ナノ・マイクロマテリアル分析(NMA)研究室は、グリーンイノベーションやライフイノベーションにかかわる物質や新材料の組成と形態をマイクロ・ナノスケールで迅速・高精度で分析・解析・診断する装置の共同利用施設です。特に、ナノ・マイクロ分析分野で世界初の3次元可視化(3D化)汎用システムに特徴があります。また、新成長戦略の中で新エネルギー・環境材料、ナノテクノロジー、生体関係のプロジェクト研究を推進するための有力な手段を提供するとともに、経験豊かな研究・保守のサポートシステムを具備します。加えて、インターネット遠隔操作により、本学のみならず地域産業技術の高度化や他大学等の教育にも活用できます。当研究室では、学内に限らず、学外にも広く利用者を募っています。

更新情報

【研究実績】 当施設利用者の論文が、Journal of Oral Biosciences誌に掲載されました。

当施設をご利用いただきました、北海道大学 歯学研究科 長谷川 智香 先生の論文がJournal of Oral Biosciences誌に掲載されました。
DOI:10.1016/j.job.2016.11.004

2/28(火)粉末X線回折セミナー~基礎から応用まで~

メーカー技術者の方をお招きして、粉末X線回折セミナーを実施いたします。
事前予約不要、参加無料ですので、是非ご参加ください。

講師:株式会社リガク応用技術センター 西郷 真理 氏
日時:平成29年2月28日(火) 13:00 ~ 16:45
場所:工学研究院フロンティア応用科学研究棟 2F セミナー室2
主催:電子科学研究所 ナノテク連携推進室
共催:北海道大学工学研究院 マテリアル分析・構造解析共用ユニット

概要.pdf

詳細は下記のホームページをご参照ください。
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/masaou/campaign.html

ホームページのメンテナンスについて (作業終了)

セキュリティ関連のメンテナンスを行います。(作業期間未定)
学内の方は、念のため「予約システム」のアドレスをブックマークしておいてください。
予約システム (学内限定)
ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。

作業終了しました。(2017/02/08追記)

【研究実績】 当施設利用者の論文が、Applied Surface Science誌に掲載されました。

当施設をご利用いただきました、北海道大学 工学研究院 材料科学部門 エコプロセス工学研究室 菊地 竜也准教授の論文がApplied Surface Science誌に掲載されました。
DOI: 10.1016/j.apsusc.2017.01.243

*本研究室に新設された装置の維持は、利用されている皆様の使用料で成り立っています。何時も最良の状態かつ安い使用料金でご使用頂くためには、皆様のご協力が不可欠です。
1)本研究室の装置を使用して得られた結果を論文に投稿や学会発表などで使用する場合、その旨を論文謝辞等にご記載下さるようお願い致します。文面例(ページ下部に掲載)
2)本研究室の装置を利用頂いて得られた結果が論文などの業績になりましたら、施設スタッフまでご連絡下さい。ホームページにて公開させて頂きます。

TEM(JEM-2010X)の一般開放について

新たにTEM(JEM-2010X)を共同利用として開放いたします。
当分の間、利用は9時〜17時まで、試料ホルダーのセットは職員が行います。
利用希望者は予約の上、職員までご連絡ください。

本装置は”北海道大学マテリアル分析・構造解析共用ユニット(MASAOU)”の支援を受けております。

2016.1.16 第1回MASAOUセミナー 開催

当施設が参画しております、北海道大学工学研究院 マテリアル分析・構造解析ユニット(MASAOU)のセミナーを開催いたします。事前予約不要、参加無料ですので、是非ご参加ください。

講師:Prof. Wolf Widdra (Martin-Luther-Universitat Halle-Wittenberg, Germany)

題目:Dodecagonal quasicrystals and their approximants in 2D oxide films

日時:平成29年1月16日(月) 15:00 ~ 16:00

場所:工学部C棟2F C-206講義室

主催:北海道大学工学研究院 マテリアル分析・構造解析共用ユニット

共催:日本顕微鏡学会 北海道支部

詳細は下記のホームページをご参照ください。
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/masaou/campaign.html